前へ
次へ

復職をすることを考えなければいけない

結婚や出産によって離職を余儀なくされる人は多いです。
ずっと社会とつながっているために仕事をしたい、と考えるのは一般的なことと言えるでしょう。
しかし日本の企業は復職をすることが難しいと言われています。
離職をするとその穴埋めのために雇用をするという場合があります。
復職をした際に自分の居場所がなくなっているということもあります。
しかも育児休暇が終了をして復職をしたとしても、子どもの体調によっては急に休まなければいけないということもあります。
そうなると周りにも迷惑をかけることになってしまいます。
急に休んで周りに迷惑をかける、ということになれば、ますます居場所がなくなってしまいます。
ですから就職をする際には復職に関する企業側の準備や対策なども確認をしておくとよいでしょう。
せっかく入社をしたのにライフステージによっては復職ができなくなることも十分考えることができるので、よく調べておくことも必要になってきます。

Page Top